システム開発の仕事の仕組みと対人スキル

システム開発の仕事は各工程ごとの詳細が明確になっています。
その為、システム開発の人員を募集している企業の求人に応募する際には、勤務先の担当が分かっている事で必要とされる能力も把握しやすいことがメリットされます。
その結果、入職後に短期間で仕事にも順応する事ができ、新たなスキルの習得において過度な負担を回避することも出来るようになるのです。

この職種で一般の技術者と異なる点としては、企画立案が挙げられるでしょう。
これはユーザーからの要望を取り入れたシステムを構築する上で不可欠な作業で、用途を明確にしてシステム構造を計画します。
この際には、予算や納期などの詳細も決められ、プログラマーとの打ち合わせで必要とされる情報をクライアントから収集します。
よって、技術職の中でも人との接触が多いことが特徴とされ、柔軟な対人スキルが要求されるのです。時には、システムの納期をを大幅に短縮する条件をつけられたり、コストを削減して制作を依頼されるケースも見られます。

その為、優れた交渉力が備わっていることが条件です。
そして、一般的な技術職とは異なり、システム開発を担当する人材はクライアントが使用するシステムのメンテナンスを担当することも多くなります。
それ故に、新規導入したシステムでの作業方法や業務の効率化を指導する役割も担う事が多くなるのです。
そのため、指導者としての能力も要求される仕事であることを理解しておく必要があります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です